2014.02.28(Fri):星空案内
今月の

新月のキーワードは



癒し



この日は

夢に出てきた人や場面から

心の奥に眠る

あなたの本心に気づいて



無意識からのメッセージは

大切なことを

教えてくれる



また

癒す力の偉大さを知るとき

悩んでいるひとがいたら

よく話を聞いてあげて



話を聞くことで

そのひとを癒し

そのことで

あなたも癒されるから


【Read More...】

スポンサーサイト
2014.02.26(Wed):未分類

優しい風に

誘われて

春めく街に

出かけよう



春は

どんな出会いが

待ってるのかしら



髪を

伸ばしてみようか

口紅を

春色にしようか



目にするものが

キラキラ

輝いてる



今年の春も

心に秘めている扉を

またひとつ

開けてみようか


【Read More...】

2014.02.22(Sat):未分類
あなたとわたし

こんなに近くなのに

心が遠い



遠く離れていても

あんなに

つながっていたのに



近すぎて

お互いに

すきという気持ちを

忘れたの



もう一度

あの頃に戻って

テレパシーで

つながろうよ



もう

何があっても

大丈夫さ

【Read More...】

2014.02.20(Thu):好きな香り

沈丁花のかぐわしい香りと

あなたの優しい面影

目を閉じると

あの日のことを



あの時

想いを告げていたら

これも運命と



秘めたる愛を

胸に

今を生きる



あなたは

覚えているかしら

あの時のことを



春は

もうすぐ

そこまで

【Read More...】

2014.02.17(Mon):未分類

むかし

ひとは

ふたつの顔と

四本の手と四本の足を持っていた



あまりにも

傲慢になったので

神様が

ふたつに切断してしまった



片割れどうしが

いまだに

相手を求め合うのは

そのせいかしら



私の自由と

同じくらい

あなたの自由を

大切にしたい



お互いを必要とするけれど

お互いに寄りかかるのではなく

切磋琢磨しながら

成長してゆく



愛を要求するのではなく

何よりも与えることであり

奪うことではない



愛することは

見返りや

ナルシシズムのためでもない



愛されることではなく

愛することが

成熟した大人になること



愛する技術はまだ未熟

一生かけて

愛することを学んでゆく


【Read More...】

2014.02.15(Sat):日本の七十二候
魚上氷 (うおこおりにのぼる)
  

【新暦】  2月13日~17日ごろ

【意味】  氷の間から魚が動き始める


春の気配に勢いづく魚たち


川や湖の水が温み、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる時季。

薄くぱりんと割れそうな春の氷を「薄氷(うすらい)」といい、蝉の羽にたとえて「蝉氷(せみごおり)」とも呼ばれます。

冬の間は水底でじっとしている魚たちも、次第に水温が上がり始めると浅いところに移動します。

これを「巣離れ」と呼びます。

寒冷地では、凍った氷に穴を開けて釣る穴釣りが有名な公魚(わかさぎ)。

漢字で「公魚」と書くのは、江戸時代に年貢として将軍に献上されていた魚であったことに由来します。

~日本の七十二候  アフロ より




札幌近郊では、新篠津村(札幌市から車で約1時間の場所)・しのつ湖では3月上旬までわかさぎ釣りができます。

その後で「しんしのつ温泉たっぷの湯」と「アイリス温泉」と2ヶ所の温泉も楽しめます。

たっぷの湯は宿泊も可能です。

今年は、わかさぎ釣り&温泉に行ってみようかなと思っています。

http://www.tappunoyu.com/


【Read More...】

2014.02.12(Wed):星空案内

今月の

満月のキーワードは

ゴージャス

情熱的



華やかな出来事や場所に向かって

アクションを起こす

一日にして



ドラマ

遊び

表現すること

この中にヒントがあるよ



自分らしく

生き生きと

あなたが主役になる場所はどこなのか

心に問いかけてみて



そして

あなたが輝くことを

今日はしてみて




映画を観ることも

今日の

ラッキーアクションだよ


【Read More...】

2014.02.10(Mon):未分類


ネガティブなようで

ポジティブを引き出す

引き算



それは

捨てること

それが

今の私には大事



何かに迷うのは

欲張っていないか

しがみついていないか

心に聞いてみる





何をしたいのか

大切なものは何か

まっさらな心で



しがらみから

偏見から

常識という名の壁から

自由になるために


【Read More...】

2014.02.07(Fri):森の泉

ほんとに

何をやっても

空回り




焦っても

ジタバタしても

時が過ぎてゆくだけ



こんなときは

誰にも

あるさ



のんびりゆこうよ

そうつぶやいたら

お月さまが

ウィンクしたようにみえた

 





2月7日~2月28日は、物事がゆっくり進みます。

仕事の停滞・遅延があります。そう思ってイライラしないようにね。


そして、


2月7日~2月13日は、論理的に思考を組み立てるのが難しくなります。

2月13日~2月28日は、ある考えに固執して偏屈になりがちです。


この3週間位は、現実世界で自分を打ち出すというより、意識のベクトルを内に向けるように。

自分の感情や思考の流れを一歩引いて観察してみて。


また、


通信機器の不具合などが起こりやすいので、データのバックアップなどもマメに取るようにしてね。


~MOON BOOK 2014 岡本翔子 著より

☆☆

前にも書きましたが、この3週間位はなんとなく「物事が逆向き」になっているような感じです。

確認ややり直しを余儀なくされることが多いようです。(現にこの記事は何回かやり直ししてます笑)

これは、あくまでも「やり直しの必要が出てくることも多い」というだけです。

「悪い時期」というわけではないです。

反面、なくしたものが戻って来る、過去につきあいがあった人から連絡が来る、再会、再開などのこともあるようです。

そういうときも、この時期は勘違いや誤解が多くなるので、言葉使いには注意してくださいね。

大事なことは、紙に書くことをおススメします。

キーワードは「のんびりゆこうよ」です。

そんな思いを込めてつぶやいてみました。 (美咲アンナ)
 




  
  



【Read More...】

2014.02.04(Tue):日本の七十二候
東風解凍(とうふうこおりをとく)

【新暦】 2月4日~7日ごろ

【意味】 春風が吹いて氷が解け始める


厚い氷を解かし始める春の風

東からの暖かい春風が吹き、池や湖に張りつめた厚い氷を解かし出す時季。

東風とは春風のこと。

これは中国における陰陽五行の思想から、春は東から訪れると信じられていたことによります。

日本では東風(こち)とも呼ばれ、「朝東風(あさごち)」「梅東風」「雲雀(ひばり)東風」など、時期や地方によって

さまざまな呼ばれ方も。

季節の花である梅は「春告草(はるつげぐさ)」という異名を持ちます。

東風を待って咲くことから「風待草(かぜまちぐさ)」とも呼ばれ、春を知る目安にもなってきました。

~日本の七十二候 アフロ より




まだまだ、春にはほど遠いですけれど、少しずつ日が長くなってきましたね。
   
暦の上では、春です。

札幌は、真っ白な世界です。

はらはらと降る雪が、花びらのように見えます。
 
今だけしか見られない雪。

雪は、ロマンチックな世界へ私を誘います。

明日からは雪まつりが始まります。

まだまだ寒いので、皆さん風邪をひかないように気をつけてくださいね。

【Read More...】

2014.02.02(Sun):未分類

そこに存在するだけで

近づきたくなる

魅惑の囁き



静かで

すっとしていて

微笑をたたえて



あなたのことは

少ししか

知らないけど



ただ

清らかに

過去に起きたことは必然だと

教えてくれた



あなたといると

まだ

出会ったことのない

私を発見する



ドキドキが

ずっと

止まらない



いつも

私の

あこがれでいて







【Read More...】

2014.02.01(Sat):未分類
淋しい目をしてる


あなたが


見える





あなたの心に


灯りを


ともしましょう





あなたの


心の


ホームタウンに


なってもいいですか

【Read More...】